« 朝日新聞の懲りない総裁選裏工作 | トップページ | 信用できないフィナンシャル・タイムズ紙 »

2006.09.22

「国旗・国歌に敬意は法律以前の問題」という小泉首相が正しい

 民族学校での話というならわかりますが、公立学校でありながら、先生が入学式や卒業式で国旗・国歌に敬意を表さないというのはどういうことなのでしょうか。自分が国旗・国歌に悪いイメージを持っているのは思想の自由として結構ですが、それを生徒の前で主張するというのは教育者として大いに問題があります。

式での起立・斉唱定めた都教委通達は「違憲」 東京地裁(asahi.com)
 さらに、こんなおかしな主張を認める裁判官がいるのには驚きです。公の立場にある教育者が自分の思想を押し付けていることを容認したことになります。先生たちが道端で国旗・国歌反対のビラを配るのは問題ありませんが、同様のことを学校内でやるのが問題なのです。

 教育の場でおかしな反日教育をしている反日教師たちがいる学校に自分の子供を行かせたくありません。公立学校のおかしな教師がなくならないから、私立にいかせたいと考えている親が増えているような気がします。

 それともこの判決は、公立の教育など当たりはずれがあって当たり前で、期待するなというメッセージなのかもしれません。ゆとり教育と合わせて、これでは公立学校の質がどこまでも落ちていくことになるのでしょう。

 この問題を「法律以前の問題」と本質を指摘した小泉首相はさすがです。このひとことで判決を否定し、教職員の行動と都教委の強引さまで批判しています。安倍新首相もぜひこのようにいいタイミングでいいコメントを出していただきたいです。

|

« 朝日新聞の懲りない総裁選裏工作 | トップページ | 信用できないフィナンシャル・タイムズ紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/11990560

この記事へのトラックバック一覧です: 「国旗・国歌に敬意は法律以前の問題」という小泉首相が正しい:

« 朝日新聞の懲りない総裁選裏工作 | トップページ | 信用できないフィナンシャル・タイムズ紙 »