« TBSの偏向報道はまだまだ続く | トップページ | まず事実を伝えることこそ「ニュース」だ »

2006.08.11

靖国パラノイア? 質問がしつこすぎるマスコミ

 8月15日に小泉首相が靖国参拝するだろうという話はだいぶ前からありました。その日が近づくにつれ、マスコミは毎日のように参拝するかどうかを聞いています。広島でも、長崎でも、モンゴル訪問の前もです。

 答えは「適切に判断します」で決まっているのに、「5年前の公約は生きているのか」などと、なんとか質問を工夫して聞きだそうとしています。無駄な労力を使っているとしか思えません。

 国民はこんな質問にはうんざりしています。行きたいというなら好きに行かせてあげればいいじゃないですか。

 マスコミは靖国にこだわりすぎだと思います。もっと重要な問題があるはずです。限られた質問時間を、決まりきった靖国参拝の有無の質問に使うべきではありません。靖国に行くなという圧力をかけたいがために質問・報道を繰り返すのはもうやめるべきです。

 それよりも、何でも批判で事足れりとするマスコミの程度の低さを小泉首相がきびしく批判しているのですから、これを正確に国民に伝えて欲しいものです。各社のニュースは一部しか報じていません。

 2ちゃんねるのニュース速報のほうがよほど的確に伝えています。
 【政治】 小泉首相 「日本のマスコミ、目を覚ませ」「テレビの評論家、首相批判してればいいのか」

|

« TBSの偏向報道はまだまだ続く | トップページ | まず事実を伝えることこそ「ニュース」だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/11378307

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国パラノイア? 質問がしつこすぎるマスコミ:

« TBSの偏向報道はまだまだ続く | トップページ | まず事実を伝えることこそ「ニュース」だ »