« 地デジの致命的欠陥?「時報が無くなる」 | トップページ | 東京新聞が世論工作の失敗を反省 »

2006.07.29

住宅ローンは変動が有利

 28日のテレビ東京WBSの中で、住宅ローンを長期固定と変動のどちらにすべきかという特集をやっていました。

 3日前に、長期固定の住宅ローンを選択する人が多くなってきたという日経新聞の記事を、番組の中で否定するかのように伝えたため、あらためて特集にしたようです。

 コメンテーターのUFJ総研五十嵐氏は、金利の推移予想図を使い、変動金利が固定金利を下回っている面積が、上回っている面積より多いなら、変動が有利であると解説していました。

 肝心なことは、この先どちらの面積が多いと予想できるかです。五十嵐氏は自分のローンを変動にしているそうです。ついでに大浜アナも変動だそうです。

 五十嵐氏はよく、長期金利が低いままであるのに、短期金利がそれを超え続けることはありえないと力説しています。現在のところ、10年債の金利は1.9%程度です。30年債でさえ2.5%程度です。

 五十嵐氏はアメリカの金利についても同じことを言っています。アメリカの長期金利は5%から上がらないのだから、短期の金利も一時的に5%を超えたとしても長続きせず、いずれは下がってくるという予想です。

 そう考えると、日本の短期金利はここ10年は2%が上限なんだろうと思います。そして、優遇付き変動住宅ローンの金利も3%が上限だと思います。つまり、常に変動金利が有利であるという結論になります。

|

« 地デジの致命的欠陥?「時報が無くなる」 | トップページ | 東京新聞が世論工作の失敗を反省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/11135737

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローンは変動が有利:

« 地デジの致命的欠陥?「時報が無くなる」 | トップページ | 東京新聞が世論工作の失敗を反省 »