« 小泉首相のプレスリー邸訪問の目的と効果は? | トップページ | 読売新聞もゼロ金利解除決定と報道 »

2006.07.04

根拠なくゼロ金利解除決定の記事を書く朝日新聞

 多くのエコノミスト・市場参加者が、必死で情報を集めているゼロ金利解除の時期について、朝日はあっさりと「8月までに解除」と言い切っています。いったい何を根拠にしてこんな報道ができるのでしょうか。
 ゼロ金利、8月までに解除へ 日銀短観、1ポイント改善(asahi.com)

『日本銀行が01年から続けている「ゼロ金利政策」が、7、8月のいずれかの金融政策決定会合で解除される見通しになった。』

 景気の強さを示す数字が出たため、日銀が利上げするとのことですが、日銀の誰が言ったのか、書いてありません。

『日銀の政策委員の大勢が、~今夏のゼロ金利解除が妥当と見ている模様だ。』

 「模様だ」では、何を根拠に判断したのか、全くわかりません。

 7,8月でのゼロ金利解除の確率は、けっこう高いと思いますので、結果的に当たるかもしれませんが、ここまで断定的に書く必要があるのでしょうか。

 朝日には、「もし外れて誤報になったらどうしよう」、という考え方はないのでしょうか。ゼロ金利を悪と決めつけ、自分の主張であるゼロ金利解除を実現するためには、根拠の無い記事を書いてもいいと考えているのかもしれません。

 そうだとすると、これからも誤報は続くでしょうし、そんな新聞の経済記事は信用できないものであり続けるでしょう。

|

« 小泉首相のプレスリー邸訪問の目的と効果は? | トップページ | 読売新聞もゼロ金利解除決定と報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/10780266

この記事へのトラックバック一覧です: 根拠なくゼロ金利解除決定の記事を書く朝日新聞:

» 来週ゼロ金利解除か? [簡単!!知識不要の外国為替]
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <月例経済報告>「デフレ」表記削除の方針固める 内閣府 こんな記事を数日前見ました。月次経済報告から「デフレ」の文字が消えるのは5年4ヶ月ぶりだそうです。 [続きを読む]

受信: 2006.07.09 23:36

« 小泉首相のプレスリー邸訪問の目的と効果は? | トップページ | 読売新聞もゼロ金利解除決定と報道 »