« 福田氏が会談ドタキャンでナベツネ激怒 | トップページ | 小泉首相のプレスリー邸訪問の目的と効果は? »

2006.06.29

毎日新聞が懲りずにアメリカ人を使って靖国批判

  毎度おなじみのマイケル・グリーン前国家安全保障会議アジア上級部長に、今回はカート・キャンベル元国防次官補代理が加わり、記者会見を開いて、靖国批判をしたようです。
 米国:日本に注文「次期首相は中、韓関係により注意を」(Mainichi INTERACTIVE)

『クリントン政権にいたキャンベル氏は靖国参拝によって「アジアでの日本の勢いが失速している。米国は日本に問題を解決するよう働きかけるべきだ、という考えに同調する」と述べ』

 これは中国の考え方そのものです。「前」「元」「代理」の人の会見をわざわざ取材し、「米国:日本に注文」とアメリカ全体が靖国に反対しているかのような印象を与えようと工作する毎日も、どうしようもない新聞だと思います。

|

« 福田氏が会談ドタキャンでナベツネ激怒 | トップページ | 小泉首相のプレスリー邸訪問の目的と効果は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/10719072

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日新聞が懲りずにアメリカ人を使って靖国批判:

» 靖国 [共通テーマ]
靖国神社への思い、靖国神社参拝問題に関する意見等々。こちらに書いてみませんか。 [続きを読む]

受信: 2006.07.01 20:20

« 福田氏が会談ドタキャンでナベツネ激怒 | トップページ | 小泉首相のプレスリー邸訪問の目的と効果は? »