« 小泉首相が国会延長問題でマスコミを皮肉る | トップページ | 検察の言い分を代弁するだけの朝日新聞 »

2006.06.24

朝日・読売が福田氏支持で懸命の世論誘導

 ポスト小泉の支持率で安倍氏が福田氏を大きく上回ったニュース
「ポスト小泉支持率、安倍氏41%・福田氏17%で差が拡大」(NIKKEI NET)
に仰天したのか、朝日と読売がまたまた怪しげな記事を書いています。


 朝日は世論調査では福田氏不利の結果が出ると考えたようで、中国と関係がありそうな「全国の主要企業100社」にアンケートを行っています。
 企業首脳、福田氏支持が上回る 本紙アンケート(asahi.com)

『全国の主要企業100社の首脳らに実施したアンケートで、小泉首相の次の首相にふさわしい人を聞いたところ、具体名を答えた31社のうち、福田康夫元官房長官が15社で最も多く、安倍晋三官房長官が12社で続いた。』

 しかしこれはちょっと無理があります。3分の1以下しか具体名を回答しておらず、これではこのアンケートに意味があるのか不明です。


 読売は「新福田ドクトリン」をスクープ?しています。
 「新福田ドクトリン」でアジア外交、総裁選へ強い意欲(YOMIURI ON-LINE)

『福田康夫・元官房長官(69)が23日午後、訪問先のインドネシア・ジャカルタで新たなアジア外交政策「新福田ドクトリン」を発表する。アジア外交全般に関する自身の考え方を包括的に示すのは初めてで、総裁選への強い意欲を示したものだ。』

 福田氏がまだ何も言っていないのに、「新福田ドクトリンを示して総裁選に出馬する」と断言しているような力の入った書き方です。ここまで書いて福田氏が「新福田ドクトリン」を示さず、出馬もしなかったらどうするつもりなのでしょう。

 一般の国民は「アジア固有の価値観を共有」することなど、求めていないと思います。読者に一方的に主張を押し付ける記事は、読んでいて気分が悪くなります。

|

« 小泉首相が国会延長問題でマスコミを皮肉る | トップページ | 検察の言い分を代弁するだけの朝日新聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/10653879

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日・読売が福田氏支持で懸命の世論誘導:

« 小泉首相が国会延長問題でマスコミを皮肉る | トップページ | 検察の言い分を代弁するだけの朝日新聞 »