« 福田氏なら経済は確実に悪くなるでしょう | トップページ | 新聞・テレビが伝えない新聞の苦境 »

2006.05.31

株安に何もしない与謝野経財相

 世界的に株安で、日本の株価もピークから1600円も下がっているのに、目だったコメントもしていません。なぜ何もしないのでしょうか。

 こういう状況で、ゼロ金利政策を維持すべきだという意見が、政府・財務省はもちろん、全銀協、OECD、IMF、からでています。
 (5/19)官房長官、ゼロ金利早期解除論をけん制
 (5/22)財務次官「日銀はゼロ金利継続を」
 現在はゼロ金利解除の環境ではない=畔柳全銀協会長
 景気拡大続く…OECD見通し 「日本はゼロ金利継続を」
 日銀は「当面」金利をゼロ%に維持すべき=IMF

 それなのに、与謝野氏は、自分の感覚はデフレではないからと言い張り、ゼロ金利解除を容認しようとしています。
 経財・金融相「デフレ、デフレと大騒ぎする状況でない」(NIKKEI NET)

『役所の定義ではまだデフレだが、私の生活実感とは違う』

 株価下落が一時的と考えているようですが、果たしてそうでしょうか。海外からの影響に対して、何か手当てが必要なはずです。市場を安定化させるために大臣としてやることがあるはずです。

 こんな何もしない人が総裁候補だなんて、とんでもないことです。

|

« 福田氏なら経済は確実に悪くなるでしょう | トップページ | 新聞・テレビが伝えない新聞の苦境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/10320457

この記事へのトラックバック一覧です: 株安に何もしない与謝野経財相:

« 福田氏なら経済は確実に悪くなるでしょう | トップページ | 新聞・テレビが伝えない新聞の苦境 »