« 安倍氏が反省しない朝日新聞を厳しく批判 | トップページ | 量的緩和解除で世界の金利が上昇し破綻する? »

2006.04.09

今年中に0.25%ずつ3回利上げすると朝日新聞が報道

 金利先物が活況、ゼロ金利解除にらむ(asahi.com)
 住宅ローン借り替え作業中の身としては大変気になる記事です。すぐにでもゼロ金利が解除され、どんどん上がっていくと言っています。

 事実としては、
 ・円金利先物(06年12月物)が0.7%台まで上昇した。
 ・10年物国債の流通利回りが一時、1.900%に上昇した。
があるのですが、短期金利は量的緩和解除前の1月で0.4%、長期金利は1.5%でしたので、それぞれ0.3と0.4しか上がっていません。それなのに、どうして、

『現時点で、市場は今年12月時点の短期金利を0.7%台と見ていることになる。日銀がゼロ金利政策を転換して利上げに踏み切る際には0.25%幅刻みで金利を引き上げるとみられ、市場は年3回程度の利上げを視野に入れ始めている計算になる。』

なんて言えるのでしょうか。さっぱりわかりません。ついこの間まで量的緩和解除さえ揉めていたのに、気が早すぎるでしょう。

 この予想は外れると思いますが、朝日もよくここまで誤報間違いなしの記事を書けるものだと感心しました。

|

« 安倍氏が反省しない朝日新聞を厳しく批判 | トップページ | 量的緩和解除で世界の金利が上昇し破綻する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/9496922

この記事へのトラックバック一覧です: 今年中に0.25%ずつ3回利上げすると朝日新聞が報道:

» 元利均等返済 [住宅ローン情報ブログ]
住宅ローンの基礎知識 [続きを読む]

受信: 2006.04.19 00:09

» 0金利解除による住宅ローンの行く末 [住宅ローン・借り換え・金利の 『住宅ローン指南ブログ』]
0金利が解除された事により、住宅ローンの金利が急上昇するのではないか、という行く末を心配する声がチラホラ。そして、実際に早めに今の低金利の内に長期固定金利型へ借り換える動きが多く見られます。 [続きを読む]

受信: 2006.10.18 01:33

« 安倍氏が反省しない朝日新聞を厳しく批判 | トップページ | 量的緩和解除で世界の金利が上昇し破綻する? »