« ライブドア事件の今後のスケジュール | トップページ | 作られたテレビ・ニュース »

2006.02.04

東京地検特捜部の記事

 INTERNET Watchにこんな記事がありました。
 ホリエモン逮捕に至る背景、「ガ島通信」藤代氏らがトークセッション(INTERNET Watch)

 この中で、
 ・東京地検特捜部は「体制の守護神」として逮捕に踏み切った
 ・すでに決定的な証拠をつかんでいる
 ・捜査はトップをとったら終わりで、新経営陣、野口氏は捜査しない
といった解説・予想がされています。

 さらに藤代氏が言った、「私なら罪を認める。場合によっては取り調べする捜査官に対して“泣く”こともある。そうすれば次の日の新聞で『藤代容疑者が反省、被害者に申し訳ない』などと報じられる」には笑ってしまいました。

 新聞やテレビもこれくらい冷静で客観的に検察をとらえた記事を書くべきだと思います。大事な情報提供元であるため、こんな内容すら書けないのでしょう。

|

« ライブドア事件の今後のスケジュール | トップページ | 作られたテレビ・ニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/8491428

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地検特捜部の記事:

« ライブドア事件の今後のスケジュール | トップページ | 作られたテレビ・ニュース »