« マスコミの異常なライブドア叩き | トップページ | ライブドアが検察・御用メディアに宣戦布告 »

2006.01.20

誰だってメールは消すでしょう

捜索時、メールの一部消した形跡 ライブドア事件(asahi.com)

『幹部間のメールの一部が消された形跡があったという。』

 そりゃあ誰だってメールは消すでしょう。企業の幹部なら1日1000通くらい来るでしょうから、重要なもの以外はどんどん消していかないと重要メールが埋もれてしまうし、メーラーの動作が重くなってしまいます。

 サーバーも受信が終わったら消す設定にしておかないとハードディスクがパンクします。
 削除したメールを復元ソフトで復元することはある程度可能でしょうが、重要性のないものばかりで徒労に終わるでしょう。

 メールを消したから証拠隠滅に違いないと勘違いしていないでしょうか。まさかそんなにレベルが低いことはないとは思いますが。

|

« マスコミの異常なライブドア叩き | トップページ | ライブドアが検察・御用メディアに宣戦布告 »

コメント

 消し方に疑いをもたせるような形跡があったんじゃないでしょうか。たとえば、日誌が古い順に捨てられているならともかく、途中だけが抜けていれば、「これはおかしい」と捜査官は思う。

投稿: Inoue | 2006.01.21 07:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/8242012

この記事へのトラックバック一覧です: 誰だってメールは消すでしょう:

« マスコミの異常なライブドア叩き | トップページ | ライブドアが検察・御用メディアに宣戦布告 »