« がんばれホリエモン | トップページ | 誰だってメールは消すでしょう »

2006.01.19

マスコミの異常なライブドア叩き

 「虚偽発表」「粉飾決算の疑い」「グループの時価総額は3000億円も減少した」「上場廃止の規定に抵触することが明らかになれば、即日上場廃止を決定する」「提携先の企業にも今後の関係を見直す動きが広がっている」と、検察の情報を垂れ流し、ライブドアに法律違反があったと決めつけ、徹底的に叩く書き方をしています。完全に犯罪者扱いです。

 堀江社長のことですから、嫌疑についてはすべて想定内のはずです。こんな書き方をしてもし無罪になったり、軽微な罪で終わったらどうするのでしょうか。

 堀江社長のブログには「風評で一時的に営業活動が停滞する恐れはありますが、」とあり、裁判で徹底抗戦すると思われます。

 マスコミは一方的に検察側に立っており、中立な報道をしていません。そればかりか、「底値見えない」などとライブドア株を売り煽り、「インターネット利用の個人投資家らによって支えられてきた株式市場は、大きな節目を迎えている」などと、個人投資家を批判し、相場にダメージを与えようとしています。

 株価があがって景気がよくなるのが気に入らないという、ゆがんだ考え方はなんとかならないものでしょうか。

|

« がんばれホリエモン | トップページ | 誰だってメールは消すでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/8228803

この記事へのトラックバック一覧です: マスコミの異常なライブドア叩き:

« がんばれホリエモン | トップページ | 誰だってメールは消すでしょう »