« 毎日がライブドアの『「犯意」を示す証拠』を報道 | トップページ | ライブドア事件で株取引の不透明性が改善されることを期待します »

2006.01.23

堀江社長がブログで無実の主張とマスコミ批判

 22日の社長日記で嫌疑について反論し、あわせてマスコミを批判しています。
 朝起きると大量の着信が・・・・

 検察に対しては、「疑いをかけられている件につきましては私は身に覚えがないですし」と否定しています。「捜査令状、これはもらえないしコピーもとらせてもらえない」というミニ情報もあります。

 マスコミに対しては、
 ・捏造記事が相変わらず多い
 ・報道されている件は誰がどこでどう調べたのかもわからないような代物
と、現在の報道内容を否定し、厳しく批判しています。

 朝日はなぜか報じていませんが、毎日、読売、日経はこのブログを記事にしています。堀江社長の言い分はダイレクトに読者に届きます。これを読むことで、問題は何なのか、検察とライブドアのどちらが正しいのか、国民が判断できる環境になってきたと思います。

|

« 毎日がライブドアの『「犯意」を示す証拠』を報道 | トップページ | ライブドア事件で株取引の不透明性が改善されることを期待します »

コメント

この問題の本質を見誤ってはならないと自分に言い聞かせるつもりでコメントさせて頂きます。我々の眼前で展開中の騒動の主達がそれぞれどんな思惑で行動しているのか。
 まず 語るに落ちたマスコミは、いつもの視野狭窄にはまり込んでいます。「小泉自民を大勝させた国民」を後悔させられそうな出来事なら なんにでも食い付くダボハゼと化してしまいました。彼らにこの事件の本質は見えていません。
 それに、今回の事件で損失を蒙った個人投資家たちですが 「高い授業料を払ったが勉強になりました」と済ませられるのか。粉飾があったのなら彼らは耐震偽装マンションを買ってしまった被害者達と変わらぬ被害者です。公的資金で救わねば。住居と株は違うのか、耐震偽装マンションを投資や税金対策や賃貸料稼ぎの目的で購入した被害者には公的資金は出るのか。やはり本質は、個人投資家の慌てふためいて売り急ぐ姿に象徴される 軽薄な投資運用の姿勢ではないでしょうか。
 また、東証のこの様な事態に対する危機管理の御粗末さは驚くばかりです。改革の対象として急浮上といったところでしょう。
 信用を基盤として成り立つ資本主義社会にとって、粉飾などという行為は大罪です。エンロン事件へのアメリカ政府のすばやい対応がアメリカ経済の信用を一段と高めたことを忘れてはならないでしょう。
 今回もマスコミの思惑とは裏腹に、国民は後悔するどころか『だからこそ、小泉改革のさらなる続行』を望むことでしょう。
 この事件は日本経済大躍進の地ならしになるかもしれません。

投稿: 案山子 | 2006.01.23 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/8290309

この記事へのトラックバック一覧です: 堀江社長がブログで無実の主張とマスコミ批判:

« 毎日がライブドアの『「犯意」を示す証拠』を報道 | トップページ | ライブドア事件で株取引の不透明性が改善されることを期待します »