« 国交省もグルなら検察庁特捜部が捜査すべきでは? | トップページ | NHKの耐震強度偽装問題の報道に期待します »

2005.12.09

なぜ、みずほ証券は「1円で61万株」の注文をだせるのか

 昨日の日経平均の急落は、マザーズに新規上場したジェイコムへの誤発注がきっかけとのことですが、なぜ、「1円で61万株」という注文を出せるのか理解できません。

 普通は値幅制限以下の注文はできません。証券会社は特別なのでしょうか。
 普通は値幅制限いっぱいの株価×注文株数×0.3くらいの保証金が必要で、この場合は1000億くらいのはずです。そんな金額を一人のトレーダーにまかせていたのでしょうか。それとも、証券会社は保証金が不要なのでしょうか。
 発行済み株式総数を上回るような株数の売買注文がなぜできるのでしょうか。そのようなミスを防ぐプログラムをなぜ入れないのでしょうか。

 損失額などの記事がいくつかでていますが、最新のニュース
「みずほ証券社長、内部管理に不備・損失は270億円に」(NIKKEI NET)
でも社長が「~資金繰りには懸念はない」と言っていると伝えるだけで、素人でもすぐに思いつく「そもそもそんな注文をだせるのか」という疑問に答えている記事はありません。日経なんだからそのぐらい先回りして解説してもいいのではないでしょうか。

|

« 国交省もグルなら検察庁特捜部が捜査すべきでは? | トップページ | NHKの耐震強度偽装問題の報道に期待します »

コメント

TBさせて頂きました。よろしくお願いします。

投稿: na-mi- | 2005.12.09 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/7534610

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、みずほ証券は「1円で61万株」の注文をだせるのか:

» お騒がせなみずほ証券 [na-mi- 悲喜コモゴモ]
みずほ証券や東証によると、みずほ証券は、同日の取引開始直後、顧客の投資家から受託 [続きを読む]

受信: 2005.12.09 09:41

« 国交省もグルなら検察庁特捜部が捜査すべきでは? | トップページ | NHKの耐震強度偽装問題の報道に期待します »