« 詐欺をかばい消費者を真犯人だという業界 | トップページ | 地上デジタル放送受信機の目標は2011年1億台 »

2005.12.02

地上デジタル放送2周年おめでとう

 ちょうど1年前に、こんなことを書いていました。『地上デジタル放送の問題点を報道しない新聞・テレビ局に明日はない』

 去年はWBSなどの番組に各局の女子アナが出演し、華々しく1周年をアピールしていたのですが、今年は何もありません。Googleで検索してもまったくニュースがありません。もう十分定着したからニュースにならないのでしょうか。

 JEITAの2005年地上デジタル放送受信機国内出荷実績によると、今年の1月から10月までの累計は346万台です。結構がんばっています。

 これまでの累計が662万台なので、これから年500万台増加する場合、5年後の2010年12月で3162万台です。これでは全国の1億台のテレビを地上デジタルに置き換えできません。

 ことしは地上デジタルの受信環境が整ってきたので、地上デジタル放送を見たくてテレビを買った人が多かったかもしれません。今後は、今のテレビが見られればそれでいい人にどう買ってもらうか、ビデオやパソコンのチューナーはどうするか、などを考えていく必要があります。そうしないと、この台数の伸びを続けていくのは難しいでしょう。

 来年の12月は何台になっているでしょうか。

|

« 詐欺をかばい消費者を真犯人だという業界 | トップページ | 地上デジタル放送受信機の目標は2011年1億台 »

コメント

 地上波デジタル化は私は反対です。電波帯域の高度利用を目指すなら、地上波放送を止めると、地上放送設備を更新する必要がなくなり、金がかかりません。
 すでに打ち上げられているCSやBSのチャンネルは有り余っており、そこに従来の商業放送を入れればコトは済みます。
 地上波を継続するため、東京タワーを上回る放送塔を建設することがすでに決まっています。何たる無駄。

 緊急時の連絡網?冗長性の確保?Internetがあるでしょうが。中波ラジオだってある。地上デジタル通信に適した帯域を、政府がテレビ局に独占させるべきではない。速やかに入札にかけるべきでしょう。

投稿: Inoue | 2005.12.02 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/7423887

この記事へのトラックバック一覧です: 地上デジタル放送2周年おめでとう:

» 日刊 女子アナ [日刊 女子アナ]
女子アナである。女子「穴」とも書く。女子アナネタのAVは結構多いのである。もちろん本物ではないけど、たまには本物にも出てもらいたいものである。写真の大橋アナあたりは「やりすぎコージー」でいろいろ勉強しているはずなので、かなりいい線いくと思われる。よろしくです。... [続きを読む]

受信: 2005.12.02 09:25

« 詐欺をかばい消費者を真犯人だという業界 | トップページ | 地上デジタル放送受信機の目標は2011年1億台 »