« 30万部嫌韓流のドラマ化は? | トップページ | ヒューザーの買戻しは無理でしょう »

2005.11.25

森永氏が仕事の急減を嘆いています

 日経BPのSAFETY JAPAN 2005の森永卓郎氏のコラムの第7回です。
小泉批判を封じる「空気」が支配する暗い世相~大方のメディアから締め出された政権・政策批判~(nikkeibp)

 今回は森永氏の愚痴です。最近仕事が少なくなっているそうです。

『私は相変わらず小泉首相の政策を批判し続けている。そして、これまた不思議なことに、私に対するテレビの出演依頼は、小泉内閣の支持率に反比例して急激に減っているのである。』

「政府批判->テレビ締め出し->講演キャンセル->経済的窮乏の悪循環」

となっているのだそうです。
 悪いのは小泉内閣であり、マスメディアが時代の空気の圧力を受けて、森永氏とその仲間たちをテレビから追い出していると主張しています。あくまでも正しいのは森永氏で、正しいがゆえに迫害されているのだとしています。

『これは私だけの被害妄想ではない。~宮崎学、植草一秀の両氏と対談をしたときに、お2人からも同じ感想を聞くことができた。~反小泉の立場で文句を言い続けている評論家は、~この3人以外で思いつくのは金子勝氏、佐高信氏など、全部合わせてもせいぜい10人といったところだろう。』

 やっぱり被害妄想でしょう。これらの人々の小泉内閣批判は正しかったのでしょうか。間違っていたことが国民もテレビ局の人もわかったからこそ、信用しなくなったのではないでしょうか。

 「正しいがゆえに迫害されている」が行き過ぎると、「多少荒っぽくても世の中を変えよう」となり、昔の学生運動のように内部対立が起こり、過激派が生まれるかもしれません。素直に自分の誤りを認め、最後に言っているように、田舎に引っ込むか、アキバ系評論家にうまく転職できればいいのですが。

|

« 30万部嫌韓流のドラマ化は? | トップページ | ヒューザーの買戻しは無理でしょう »

コメント

始めまして。
森永氏の間違い
「言ってみれば、評論家は権力を批判するのが仕事だろう」
違うでしょ?権力を正しく評価すること、チェックすることですよね。
 何が何でも批判しようとするから論理が破綻して相手にされなくなるんです。大体経済表理論家が口出す領域ではないですね。

投稿: さとし@快投乱打 | 2005.12.06 15:24

祝:露出度減少 転職祈願。

投稿: 案山子 | 2005.11.29 09:22

森永は飽きられただけですよ。「年収300万円」しかしゃべることがないんだから。およそエコノミストではない。出し物のレパートリをもっと取り揃えればいい。

投稿: Inoue | 2005.11.25 02:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/7306176

この記事へのトラックバック一覧です: 森永氏が仕事の急減を嘆いています:

» 森永卓郎氏も暴走中 [快投乱打な雑記帳]
 暴走しているのは立花隆氏だけかと思いきや(思ってないけれど)、森永卓郎氏もすごいですね。 [続きを読む]

受信: 2005.12.06 15:01

« 30万部嫌韓流のドラマ化は? | トップページ | ヒューザーの買戻しは無理でしょう »