« 一票の格差是正を期待します | トップページ | 天声人語が自己否定しています »

2005.09.13

反省しない左派マスコミ、識者

 選挙は与党圧勝で終わりました。国民は民主党に対してきびしい判断を下しました。それだけではなく、民主党びいきの左派マスコミ、学者、専門家、識者に対しても厳しい結果となりました。しかし彼らはこの現実をつきつけられてもなお、自分たちの誤りを認めないようです。

朝日新聞の社説
小泉自民党圧勝 「改革」選挙の弾みと怖さ(asahi.com)
では、

『郵政民営化にかける首相の気迫が保守政党のイメージを打ち破り、改革を望む民意を圧倒的につかんだ。~ 党内の反対を押し切っての衆院解散、反対派の切り捨て、「刺客」擁立、女性や公募候補の登用……。こうした思い切った行動が変化への強烈なメッセージを送り続け、当初の自民党劣勢の予想を軽々と吹き飛ばしてしまった。』

と、「気迫」や「思い切った行動」が国民に変化のメッセージを送り、勝利につながったと分析しています。そうなんでしょうか。国民は冷静に分析、判断して、多くの点で自民党が民主党よりよさそうだとして投票したはずです。まるで国民はバカだから首相のパフォーマンスにだまされたのだと言っているようです。

『靖国神社参拝や中国や韓国との関係をどうするのか。この問題を抜きに、地域としてのアジアにどんな外交の絵を描いていくか、戦略を語ることは難しい。イラクにいる自衛隊をこのまま残すのかどうかの決断も迫られている。』

 外交についても国民は自民党を支持したのではないでしょうか。「どうするのか」なんて書いていますが、いままでの路線を継続するに決まっています。それを国民が支持したのです。

 毎日新聞の社説もほとんど同じ内容です。

 All Aboutの「よくわかる政治」でも、圧勝した「小泉流ポピュリズム」として国民をバカにしています。

 投票率アップは国民の危機感の反映であり、国民は真剣に考えて、安全保障、外交、年金、税金、少子化対策など、全体について民主党より自民党がよさそうだとして自民党を選択したのです。

 これだけ明確に示された民意を前にしても、なお自分たちの誤りを認めないなら、これからも国民との意識のずれは広まるばかりでしょうし、彼らの解説・分析は全く的外れなものであり続けるでしょう。

|

« 一票の格差是正を期待します | トップページ | 天声人語が自己否定しています »

コメント

 近代的社会の構成員として、自らの職業に精通し 自らの家族の生活を維持し、子供の教育を考えて 職場や地域社会でのかかわりを誠実に勤勉に続けることとは何を意味するのか、もう少し洞察力を働かせてみるべきです。
 日本の庶民がいまだに、長屋の八つぁん熊さん、弥次喜多東海道中ででもあるかのような・・・・
 業界動向の情報を集め PTAで教育を考え、毎日 新聞に目を通し、テレビ報道 ドキュメンタリーを視聴し、市議市長県議知事参院衆院選挙に足を運び候補の話を聞き、住宅ローンを組み、借り換えを考え銀行員の話を聞き、親の死を経験し、相続税を払い 青色申告をし、生命保険に入り、歴史小説を読み 旅行をすれば元を取ろうとばかりに史跡を巡り、めぐみちゃんの写真を見かけては泣いて。
 公定歩合の上下の意味や 郵政民営化の良し悪しが理解できないなどと思い込んではいけません。
 日本の幸せは、このような人々が、少なくとも国政の方向を誤らせないほど存在している事だと 私は信じています。  

投稿: 案山子 | 2005.09.19 23:20

 日常生活の知恵で公定歩合の上げ下げや、郵政は民営化すべきかどうかわかるんでしょうか?わからないですよ。
 私だって、細かいところはさっぱりわからない。せいぜい、政治家あるいは政治集団を信任するかどうかという判断しかできない。
 そうであるからこそ、「総合的に特定の党のマニフェストを信頼して投票した」なんて発言はフィクションとしか思えないんですね。
 自民党という政治家集団を信任する、日本社会党を信任するということであれば、その中で党首が変わってもよい。しかし、今回の選挙はシングルイッシュー以前に小泉信任投票でしかなかったじゃないですか。だったら小泉以外の人間には政権は委任できないという結論しか出ません。
 また、状況はいくらでも変化するので、公約に極端に縛られる必要はないし、細かい公約を書く必要もない。むしろ公約は政権担当者の思想を知る手がかりとして考えるべきでしょう。

投稿: Inoue | 2005.09.19 20:47

 社会の構成員としての政治参加、という文脈でコメントしたつもりです。
 政治、経済、歴史、文化、外交、国際関係、憲法、軍事、安全保障、会計、財政などなど 末尾に「学」を添えようと 「論」「史」を加えて専門家達が何千ページの著述を物したところで、これらは科学ではないのです。社会科学ですら科学ではないことは よくご存知のはずです。
 これらが科学たりえないことの理由をよく考えてみるべきです。
 それは、専門家 非専門家を問わず「人間の叡智」の上に築かれたものだからでしょう。もともと専門化が独占しきれるものではないのです。
 これらの専門家達の中で、市井の「人物」達の叡智に一刀両断されて 象牙の塔の奥深くに逃げ込む者が後を絶たない状態こそが、健全な民主主義の機能だと考えます。
 アメリカ企業のCEOが孫子の言葉を引用するように、政治は日常生活の智慧と経験の洗礼を受ける宿命だと思います。
 自然科学と政治が無関係だと切り捨てるつもりはありませんが、少々無理があるようですね。

投稿: 案山子 | 2005.09.19 20:26

 案山子さま。その「人間としての叡智」とやらは、日常生活で役に立つものであり、宇宙の深遠をのぞいたり、細胞の分裂機構を解析するのに役に立つことはありません。

投稿: Inoue | 2005.09.19 17:47

 joeさん、あなたは戦後政治史に詳しくないようだ。とくに自民党の総裁選出プロセスをご存知でない。「戦後政治史」とう文庫本があるから読んでみたらいかがか。
 毎回のように総裁選出ルールが変更され、大半は出来レースだ。投票以前に派閥間での裏取引が常態化し、実弾(金)が飛ぶのだ。政党の党首選に公職選挙法は適用されないから、買収しても罪にはならない。
 今回の民主党党首選は両院議員総会の投票で公選されたので、ちゃんと民主的な手続きを踏んでいる。

投稿: Inoue | 2005.09.19 17:40

密室談合って...次期首相にしても、党内選挙を通し、国民の信任を得て選出された国会議員により、総裁を選ぶわけだから、それこそ代議員制民主主義においては当然のことじゃ...民主も同じように新代表を選んだんだし

投稿: joe | 2005.09.18 13:02

いつの時代でも、知識人などと呼ばれる、または自認する人々が存在し、自説を強弁して民衆を啓蒙しようとします。
 教育が普及し 情報伝達技術が発達し続けている 20世紀後半から現在に至る西側先進民主主義国においては、民主主義の担保として「言論の自由」が保障されているがゆえに知識人が果たす役割は極めて大きなものです。
 しかし この「いわゆる知識人」なるものが、特に日本においては「曲者」です。
 大工である私の父や八百屋を営む妻の父、私の妹の義父は小さなクリーニング店を30年も続けています。専門用語を並べ立てることはできない 決して「知識人」などと呼ばれる事の無い彼らが、数十年にわたって 善良に勤勉に生活する事で身につける 人間としての叡智は、「一般ピープルとは ちと違う」と傲慢に構えている知識人がひけらかす知識など、その足元にも及べないものなのだと知らねばならないでしょう。
 戦後 日本の現代史がそれを証明しているのです。
 

投稿: 案山子 | 2005.09.18 07:48

 これを大衆の無知だとかポピュリズムだとかいって批判する気にはなれません。代議員制民主主義とはそうしたものです。
 政策の細かいところを考えるだけの能力も時間もないから、人あるいは人の集団を選ぶんです。それで、今回は小泉が信任された。自民党が信任されたのではない。
 そうやって得た議席を背景に、自民党内で勝手に次期総理を決めて3年も政権を担当させるのは、「密室の談合」と批判された森内閣以前への退歩でしかないでしょう。

投稿: Inoue | 2005.09.17 15:52

>多くの国民は民主党の路線、大きい政府やアジア外交など、を明確に否定したと考えるべきです。

 マスコミに出たコメントは、ほとんどが「小泉なら改革を進めてくれそうだ」というものでしたよ。細かい政策なんて考えてない。
 たぶん、民主党がアジア外交についてどうマニフェストに書いたかなんて知らないだろうし、自民党と民主党の財政政策や税制改革の違いもわかってないでしょう。消費税は小売段階だけで徴収されていると思っていたり、売買のたびに5%が納税されると思っていたりする。

投稿: Inoue | 2005.09.17 15:44

 小泉首相が次期総裁選に出ないのなら、その時点で解散すべきだ、というのは一見筋が通っているようにみえます。それは、有権者が小泉首相に対して投票したのだという考え方にもとづいているのでしょう。
 しかし、そうではないと思います。多くの国民は民主党の路線、大きい政府やアジア外交など、を明確に否定したと考えるべきです。議席数の違いほど票数が離れていないことを指摘する人が多いですが、この票数差は大きいと思います。
 小泉首相は変人なので次期総裁選には出ないのでしょう。自民党の次期総裁候補はみな「小泉路線を引き継ぐ」と言って立候補するはずです。その直後に解散しても、やはり与党が勝つでしょう。それよりも次期総裁に3年やってもらい、改革を進めて、消費税を上げたところで選挙になったほうが国民も評価しやすく、ムダがないと思います。

投稿: ゆうくん | 2005.09.16 21:19

海外在住学生ですが、いつも面白く読んでいます。

ただまぁ、小泉さんがパフォーマンスに非常に長けているというのも確かかなぁと思います。
私自身も自民党の方が民主党よりもはるかにマシと判断しましたし、今回の結果は嬉しいのです。ただ、


http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/cat21/index.html

こことかも参考にすると手放しでは喜べません。確かに一歩前進したと見るべきなのかもしれませんが。

後上の方のコメントについて
確かに、米の大統領選挙みたいで面白いと思います。次は在外投票も比例だけで無くなるかもしれないし。
反論としては、小泉総理は恐らく自分に近い政策を進める人を次の総理候補にするだろうから、よほど急展開しない限りあまり解散総選挙の意味が無いのではないかという点です。

投稿: vhim | 2005.09.16 07:58

 批判されるべきは、「小泉政権」の信任をかけた解散総選挙をしておきながら、2006年で辞任する予定だと公言している小泉氏ではないでしょうか。
 連立与党や自民党が信任されたのなら、首相が交代してもかまわないのですが、明らかに違う。小泉政権の信任を問うた選挙だったのです。
 ということは、小泉氏が辞任したら、この選挙の効力もまたなくなるということで、速やかに解散総選挙を行って民意を問うべきだと思いますが、如何。

投稿: Inoue | 2005.09.15 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/5919269

この記事へのトラックバック一覧です: 反省しない左派マスコミ、識者:

« 一票の格差是正を期待します | トップページ | 天声人語が自己否定しています »