« 天声人語が自己否定しています | トップページ | 一票の格差是正で400議席をめざせ »

2005.09.15

形だけの米中首脳会談

 9月7日にホワイトハウスで会談する予定だった、ブッシュ米大統領と中国の胡錦濤国家主席との会談が、1週間遅れで場所をニューヨークのホテルに変えて行われました。

中国の問題である、
・人民元をたった2パーセントしか切り上げず、これで済んだような顔をしていること
・北朝鮮の核問題について自分から解決しようとしていないこと
・中国企業の知的財産権侵害問題の解決に消極的なこと
について、胡錦濤主席は改善する約束をしました。

 しかし、江沢民氏の前例があるので、アメリカは全く信用していないようです。日米間のように数値目標を導入すればいいのにと思いますが、中国が受け入れなかったのでしょう。その結果がこのような形式だけの会談になったと思われます。ハリケーンがちょうどいい口実になりました。

 人民日報の記事がasahi.comに載っています。
中米首脳、ニューヨークで会談 胡主席の発言

 アメリカのような強い国に対しては、「ブッシュ大統領と共に、両国の建設的な協力関係の発展を全面的に促していきたい」とへつらうことがわかりました。かなり不自然な感じです。

|

« 天声人語が自己否定しています | トップページ | 一票の格差是正で400議席をめざせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/5950948

この記事へのトラックバック一覧です: 形だけの米中首脳会談:

« 天声人語が自己否定しています | トップページ | 一票の格差是正で400議席をめざせ »