« 中国の消費者調査プロパガンダ | トップページ | 郵政民営化賛成!郵便局は不要 »

2005.08.27

イラク戦費3兆ドルで米国破綻?

 「立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」」のアメリカからのレポート第3弾です。戦争経済に頼ったアメリカはやがて破綻すると断じています。

イラク“3兆ドル戦争”がアメリカにもたらしたもの(nikkeibp)

 『年々膨れ上がるイラク戦争のコスト』
では、最終的に戦費が3兆ドルになりそうだというニューヨークタイムズの記事を紹介しています。なんだか多すぎるような気がします。10万人に100万ドルずつ払っても1000億ドルです。兵器も数千億ドルもあれば足りるような気がします。そのあたりの検証はありません。

 『3兆ドル戦争に突入すれば米経済は確実に破綻する』
では、全く根拠を示していません。いくらなんでも3兆ドルなら破綻するだろうというレベルです。アメリカの株価や、いまの経済状況にもまったく触れていません。

 『戦争経済は結果的に国力を衰退させる』
では、日清戦争・日露戦争からはじまり、ベトナム戦争・イラク戦争に触れています。そこから何の説明もなく、アメリカの国運のベクトルは明らかに下に向かっていると断言しています。

 『原油価格にどっぷり依存するアメリカ経済の弱点』
ここからは疑問だらけの内容が続きます。
 ・アメリカは安い石油なしにはやっていけない国。
 ・西海岸から東海岸へ移動するときの飛行機が燃料の手当てができず、1時間以上遅れたときの混乱ぶりでもすぐわかった。
 ・アメリカの資本主義の強さは、世界一安いガソリン価格によって、輸送コストを世界一安くすますことができるので、国土のすみずみまであらゆる物品の生産基地として有効利用できることにある。
 ・経済全体にジワーッとネガティブ効果が広がり、やがて必ず不景気になることが過去の経済データの累積からわかっている。

 日々の経済ニュースでは原油高の影響を絶えず検証しています。その答えは、比較的軽微であるということになっていると思います。そうでなければ、こんなに株価が安定していないはずです。

 『ドルからユーロへ流れる逃げ足の早い金融資本』
では、金融資本がユーロ市場に流れていると分析しています。そうでしょうか。どこを見て言っているのでしょうか。『ヨーロッパに来るアメリカ人観光客の数がガクンと減っている』とのことですが、原因はテロ懸念ではないでしょうか。

 『愛国主義をふりかざすメディアが台頭する危うい社会に』
では、24時間ニュース局のフォックス・テレビが、保守強硬派の論調で埋め尽くされているとレポートしています。これは日本でもよく聞きます。しかし、そうではないメディアもあるので健全でしょう。すべてのメディアが反政府である必要はありません。

 そして最後はお決まりの小泉批判です。

『アメリカという国はいったいどうなってしまうのだろうかと、心配になる。それとともに、小泉首相のおかげで、こういう国と運命共同体的つながりを深めてしまった日本の行く末も気になる。』

 アメリカまで行って事実をベースにレポートしているように見せていますが、株価などの検証がなく、説得力がありません。思い込みの部分が多分に含まれているような感じです。これをこれからも続けていくのでしょうか。大いに疑問です。

|

« 中国の消費者調査プロパガンダ | トップページ | 郵政民営化賛成!郵便局は不要 »

コメント

だれか 引きこもり知識人立花隆の首に鈴をつけてくれませんか。
 「田中角栄研究」で卓越した取材、分析能力などと持ち上げられて一世を風びしてしまった事が彼の不幸の始まりです。有名になった高揚から「共産党研究」で自らの闇に向かい合う姿勢は見せたものの、結局は中途半端に終わってしまいました。
 民主主義には付き物の政界汚職に関心を集中させることで 日米英の民主主義の欠点をあげつらうことと ソ連中国北鮮北ベトナムポルポト東ヨーロッパの極悪をできるだけ俎上に載せないことで 両者をバランスさせてしまうという 彼自身を破壊してしまいかねない禁じ手に逃げ込んでしまいました。
 その結果 立花はニューエイジなどの神秘主義に少なからず影響を受けてしまい 脈絡の無いテーマに次々と取り組んだ挙句 破綻しかかっているようです。 
 優れた科学者は的確な仮説を立て それを証明する事で、偉大な科学者になるのです。
 ジャーナリストも同じでしょう。彼は不適切な彼の思い込みを証明するために 論理的な思考を 確信犯的に停止したと見てよいのかもしれません。
 彼が、経済学を習得したところで その思い込みから解放されない限り何のの役にも立ちません。
 立花は「ノストラダムスの大予言」で一世を風びした、五島 勉と同類のライターなのだと思えば 彼の無責任な論評への腹立ちも 多少おさまるというものです。

投稿: 案山子 | 2005.08.29 00:31

立花氏は、経済学の話に入ると、突然破綻するんですね。基礎理論がアタマに入ってない証拠です。ミクロ経済学とマクロ経済学をやり直すべきではないか。

投稿: Inoue | 2005.08.27 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/5653506

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦費3兆ドルで米国破綻?:

« 中国の消費者調査プロパガンダ | トップページ | 郵政民営化賛成!郵便局は不要 »