« 日本人の対中感情調査はタブー? | トップページ | 自民造反者には絶対投票しません »

2005.07.05

祝!郵政法案可決 改革の加速を

 民間でできることは民間にまかせるという原則に照らせば、郵政公社の民営化は当然でしょう。もっと簡単にやるべきなのに、これだけ反対が出るとは驚きです。エネルギーの無駄使いです。

 国全体の利益を考えず、組織を守るためだけに行動する政治家がこれほど多いことがわかりました。もし参議院で否決されるなら、小泉首相は衆議院を解散して国民に信を問うべきです。

 民営化する目的はリスクの遮断です。いいものも悪いものも民間でできるものはすべて民営化すればいいのです。悪くなれば倒産、良くなれば多少の税金を払ってもらえます。

 今後は郵政以外の公的機関の民営化を加速させ、すみやかに小さな政府を実現していただきたいです。そのあとに増税すれば、国の借金は急速に改善し、それが国全体の見通しを明るくするはずです。

|

« 日本人の対中感情調査はタブー? | トップページ | 自民造反者には絶対投票しません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/4843011

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!郵政法案可決 改革の加速を:

« 日本人の対中感情調査はタブー? | トップページ | 自民造反者には絶対投票しません »