« なぜ朝日はそんなに中国をかばうのか | トップページ | 靖国で小泉首相の孤立感深まる? »

2005.06.04

靖国参拝は中国との対決の象徴

「立花隆の「メディアソシオポリティクス」」、こんどは靖国神社シリーズです。久しぶりと思ったら、一気に3つのエントリを追加しています。

靖国問題の決着へ向け 小泉首相、豹変せよ!
では、靖国参拝をやめるように懇願しています。小泉首相が靖国参拝をやめないのは、極端に自分の前言にこだわっているためであり、政治家なんだからそんなにこだわらなくてもいいのではと言っています。

しかしこれは違うでしょう。小泉首相は信念を持って参拝しているのであり、前言にこだわっているためではないはずです。

東京裁判を蒸し返す政治的愚行を繰り返すな!
では、一議員の発言をとらえて批判していますが、政府は受け入れると表明しているのですから、そんなに鬼の首をとったように書かなくてもいいんじゃないかと思います。

靖国問題でいま改めて問う! 国立追悼施設以外に解決の道なし
では、国立追悼施設を作れといっています。作るのはかまわないと思いますが、小泉首相は検討に値すると言っているだけで、すぐに作ろうとは考えておらず、結果として靖国に行くことになりそうです。


『小泉首相が、平成の時代に抜群の人気を誇った一ポピュリスト政治家として歴史のエピソードで終るか、それとも戦後最大の難問を見事に切り抜けて、日本をアジアの指導的国家にとどまらせた偉大なステーツマン政治家として歴史に名を残すことになるか、ここが正念場だろう。』

靖国問題だけでそんなに変わるでしょうか。それに、これが戦後最大の難問でしょうか。かなり変です。仮に国立追悼施設を作って解決しても、教科書、領海侵犯、ガス田開発、台湾問題、デモ放置など問題がたくさん残っているでしょう。

今や靖国参拝は中国との対決の象徴になってきました。
小泉首相は今後も参拝を続けるでしょう。中国に対しては決して妥協しないという強い態度をとるでしょう。

本格的に対決することは、短期的には経済などにマイナスかもしれませんが、長期的にはいいことではないでしょうか。そのほうが結局は真の日中友好につながると思います。

|

« なぜ朝日はそんなに中国をかばうのか | トップページ | 靖国で小泉首相の孤立感深まる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/4403700

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝は中国との対決の象徴:

» 隣国同士は仲が悪くて当たり前 ……靖国問題の周辺 [阿川大樹的小宇宙]
 靖国問題について国会でもメディア上でも議論されている  通常の論理で考えて、靖 [続きを読む]

受信: 2005.06.04 22:34

« なぜ朝日はそんなに中国をかばうのか | トップページ | 靖国で小泉首相の孤立感深まる? »