« 「2ちゃんねる」は今後も発展するでしょう | トップページ | 9条改正で経済がだめになる? »

2005.06.10

朝日新聞とは-親中親韓反米左派偏向?

中国問題でひどい記事が続く朝日ですが、そもそも朝日新聞とは誰が運営していて、どういうスタンスでやっているのか調べてみました。

アサヒ・コムで会社情報を探したのですが、株主情報がありません。会社案内はあるのですが、株式公開していないせいか、IR情報がありません。資本金や役員名などもわかりません。

読売はどうかというと、会社案内の中に資本金やナベツネ氏の名前はあるのですが、それ以上の情報はありません。日経も毎日も同じようなレベルです。社会の公器と言われ、テレビ局の親会社でもある新聞社の中身は不透明のようです。

仕方がないので、Googleで「朝日新聞とは」で検索してみました。すると、トップページに「はてなダイアリー」のサイト朝日新聞とはがヒットしました。

そこからの引用です。

『日本の主要な全国紙の一つ。~ その記事やコラムには定評があり、大学入試には最も多く引用されている。』

『学歴社会を痛烈に批判し庶民・市民の味方というスタンスと一般的にはされるが、一方、他新聞購読世帯に比べて、高学歴・高所得・ホワイトカラー世帯が購読者に多いことが特長である。 また紙面においては親中親韓・反米の度合いが大きく、左派系利益の為にイデオロギー偏向した記事作りが多い為、実際に庶民・市民の味方として機能しているかどうかは一概には判断できない。』

さらに「はてなダイアリー」からリンクされている朝日新聞を購読しましょうでは、相当の時間と労力をかけて朝日新聞の問題点を検証し、まとめています。量も膨大です。

例えば、
・武富士から5000万円受け取った件など、これまでの不祥事のまとめ
・戦前の好戦的、差別的な記事のまとめ
など、基本的な批判をていねいにまとめています。

なかでも面白いのは、読売との記事ごとの比較です。残念ながら2003年で休載になっていますが、当時の記事を検証しています。

例えば、
・韓国のインターネットがウイルスで麻痺したとき、朝日は報道が淡白で、「世界のIT大国」とほめ言葉を忘れない
・一人の脱北日本人妻に焦点を当て、報道するが、この保護が日本政府の「責任」であると決めつけ、根本原因である北朝鮮に関して責任を問う記述は一切ない
・「日本海」「東海」日韓論争において、日韓双方の言い分をそのまま掲載し、その事実関係には一切触れない
・「朝鮮」、「韓国」の民族学校卒に大学入試資格を認めない理由を北朝鮮情勢や差別と決めつけ、朝日の集めた「外務省幹部」の声を裏づけとしている。独自の教育をしている「各種学校」であるがゆえに認めないのに、それを言わない

などなど非常にたくさんあり、それぞれ見事に問題点を指摘しています。

ここまでの批判は、読売、日経、毎日に対してはありません。

朝日新聞はおかしいという意見は昔からよく聞きました。いままでは、一部の意見だと思っていました。しかし、今やそれは一般的な常識になりつつあるようです。

|

« 「2ちゃんねる」は今後も発展するでしょう | トップページ | 9条改正で経済がだめになる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/4502222

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞とは-親中親韓反米左派偏向?:

« 「2ちゃんねる」は今後も発展するでしょう | トップページ | 9条改正で経済がだめになる? »