« 中国の悪名、欧州までは届かず | トップページ | 東大は大丈夫? »

2005.06.28

朝日新聞とは-中国記事は確認に時間がかかる?

中国・大連税関、日本人学校の歴史教材を差し押さえ(NIKKEI NET)

 今日の12時頃のGoogleニュースでは、まず共同通信の斎藤真さん配信のニュースを日経と各地方紙が報じています。その後、東京新聞の井上裕之さん、毎日新聞の大谷麻由美さん配信のニュースが続きます。YOMIURI ONLINEを直接みると、竹腰雅彦さん配信のニュースがでています。13時の時点で、まだ朝日には出ていません。

 日経の「自民片山氏「五輪・万博やるなら開かれた国に」(14:52)」のあとも記事なしです。

 ようやく16時33分に「日本人学校の教材没収、中国税関 台湾の記述「問題」として」の記事が出ています。

 朝日新聞の中国関連の報道は、どうもワンテンポ遅れるような気がします。小泉首相の最初の北朝鮮訪問のニュースもそうでした。どこかにお伺いをたてているのでしょうか。不思議です。

|

« 中国の悪名、欧州までは届かず | トップページ | 東大は大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/4750739

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞とは-中国記事は確認に時間がかかる?:

« 中国の悪名、欧州までは届かず | トップページ | 東大は大丈夫? »