« 金利予想で木村剛氏に勝利! | トップページ | なぜ朝日はそんなに中国をかばうのか »

2005.05.31

日経・WBSの限界

昨日(といっても先ほど)ワールドビジネスサテライトを見ていたら、アーミテージ前米国務副長官が出ていました。小谷さんの「中国は何をすればいいのでしょう」との質問に、「中国は日本が変わったことを知るべきだ」と答えていました。

次に場面がスタジオに切り替わり、小谷さんが野村総研の木内さんに振ったところ、人民元がどうのこうのという話を勝手に始めてしまいました。

この流れでは、アーミテージ氏の言葉を受けて、日本の何がどう変わったのかを解説すべきではないのでしょうか。WBSには台本がないのでしょうか。

どうも、WBSは政治・安全保障と経済を分けて考えているようです。以前にも大学教授のコメンテーターが「私は政治は専門ではありませんが~」と言っていましたが、経済の前提として政治があるはずであり、これでは、今後の経済予想などあやしいものです。

|

« 金利予想で木村剛氏に勝利! | トップページ | なぜ朝日はそんなに中国をかばうのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/4349484

この記事へのトラックバック一覧です: 日経・WBSの限界:

« 金利予想で木村剛氏に勝利! | トップページ | なぜ朝日はそんなに中国をかばうのか »