« 民主党はもうだめだ | トップページ | 「ジャーナリスト」は取材先の情報を盲信する傾向があるようです »

2005.04.11

もっと具体的かつ詳細なデータで説明を

「ネットは新聞を殺すのか」の著者の湯川さんのサイトでよく言及されているガ島通信の藤代裕之さんがnikkeibpで連載を始めています。なんとコメント・トラックバックができるようになっています。

第1回 ライブドアとニッポン放送問題、愛だけでいいのかでは、「愛」を持ち出したニッポン放送側に対して、愛だけでなく、金も経営も大切なはずだと批判しています。

この中で気になったのは、

メディア、特にジャーナリズムを大いに語る人は、お金のことに触れるのを非常に嫌がる。金の話をすると、「お前は金がほしいのか」と感情的になってしまい、ジャーナリズムと経営的な議論は長らく交わらない。

の部分です。世の中お金で動いているのが大部分なのにそれに目を向けないようでは、記事の内容もあやしいと思います。そんなことだから、ライブドアの事件についても深く理解できず、ピント外れの記事になってしまうのだと思います。


第2回 「ネットとメディアの融合」が実現するとしたら・・・では、既存メディアのネット事業は「武士の商法」でしかなく、結局「ネットがメディアを飲み込む」形で「ネットとメディアの融合」が起こるだろうと結論づけています。

結論は賛成ですが、これだけでは既存メディアは納得しないでしょう。もっと具体的で詳細なデータを出して説明して欲しいです。連載なので今後の記事に期待したいと思います。

|

« 民主党はもうだめだ | トップページ | 「ジャーナリスト」は取材先の情報を盲信する傾向があるようです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/3663319

この記事へのトラックバック一覧です: もっと具体的かつ詳細なデータで説明を:

« 民主党はもうだめだ | トップページ | 「ジャーナリスト」は取材先の情報を盲信する傾向があるようです »