« サマータイム絶対反対!2 | トップページ | 小泉首相がAA会議で改めて謝罪 »

2005.04.22

日中首脳会談は開かれないかもしれません

今日が会談予定日なのに、いまだに調整中のようです。

小泉首相は「未来志向で友好関係を発展させる」
胡錦涛主席は「日本は過去のあやまちを十分反省していない」

ということで、まったく議論がかみあっていません。かみ合わない議論をしてケンカするより会談しないほうがいい、ということになるかもしれません。中国側が「謝罪の表明がないなら対談には応じない」と開催を拒否するような気がします。果たしてどうなるでしょうか。

|

« サマータイム絶対反対!2 | トップページ | 小泉首相がAA会議で改めて謝罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/3803668

この記事へのトラックバック一覧です: 日中首脳会談は開かれないかもしれません:

» 日中首脳会談 沈静化へ期待 [=社説は語る=]
『朝日新聞(05/04/20)』 日中首脳会談 大きな利益を目指せ  いまの日中関係は、外相レベルで公式論のぶつかり合いを乗り越えるのは難しい。ここはどうしても首脳の出番だ。  まず、現状をこのまま放置できないことを互いに確認しあう必要がある。  対立が深刻になれば、双方とも失うことばかりなのだ。不買運動や反日に刺激されて労使紛争が激しくなると日系企業の経営は難しくなるし、失業者が増える。中国の国際的な信用は損なわれる。3年後の北京五輪への影響を心配する声さえ出始めている。  それだ... [続きを読む]

受信: 2005.04.22 17:45

« サマータイム絶対反対!2 | トップページ | 小泉首相がAA会議で改めて謝罪 »