« 日経の記事もおかしい | トップページ | 韓国に言論の自由は無いようです »

2005.04.07

いちばんおかしいのは毎日新聞

社説:郵政民営化骨格 改革の方向がずれている

この中で、「郵政改革の本質をあいまいにしながらまとめ上げたものと言わざるを得ない。」と批判しています。

ではどうすればいいのかというと、「郵貯、簡保は廃止する」のだそうです。これだと相当な職員がクビになると思いますが、それについては触れていません。

「資金量200兆円もの民営化金融機関を認めるというのはどういうことなのか。」とも言っていますが、預ける人がいるのだから仕方がないでしょう。分割すればいいと思いますが、分割せよとも言っていません。

「残念ながら、郵政民営化は議論がわい小化され、目指す方向があらぬ角度にずれてしまった。」

ということですが、ではどのようにすればよいのでしょうか。民主党と同じで対案がなく、ただ反対するだけの価値のない社説だと思います。

郵政改革の本質が理解できずに議論をわい小化しているのは、毎日新聞のほうなのだと思います。

|

« 日経の記事もおかしい | トップページ | 韓国に言論の自由は無いようです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/3597082

この記事へのトラックバック一覧です: いちばんおかしいのは毎日新聞:

« 日経の記事もおかしい | トップページ | 韓国に言論の自由は無いようです »