« 東京高裁の判断を予想! | トップページ | 北尾氏の乱入でさらにややこしくなりました »

2005.03.22

新株発行枠500億は無意味なのでは?

フジテレビ、買収防衛策で新株発行枠500億円分を設定(NIKKEI NET)

買収されたくないなら、株を売らないようにすべきです。安定株主を作るとか、上場廃止にするとか。それなのにどうして株を増やすのでしょうか。大幅増配も新株発行枠設定も、各株主に平等に行き渡るので、意味がないはずです。

企業価値を破壊する恐れがある買収を仕掛けられた場合、既存株主に対し持ち株比率に応じ平等に新株を割り当てる。買収案件が企業価値を棄損するかどうかの判断や、発行する株式数や価格は取締役会で決める。

発行価格を時価より極端に低い水準にすれば、大幅に発行済み株式数を増やせ、買収への対抗策となる。既存株主へ平等に割り当てるので、一部株主を優遇する不公正発行には当たらない。

ライブドアによる買収が「企業価値を破壊する恐れがある買収」でないことは地裁の判断で明らかになっているはずです。取締役会で勝手に決めると、また裁判になって敗訴になる可能性が高いと思います。

既存株主と非既存株主をどうやって区別するのかもわかりません。
この策は意味がないような気がします。

|

« 東京高裁の判断を予想! | トップページ | 北尾氏の乱入でさらにややこしくなりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/3399304

この記事へのトラックバック一覧です: 新株発行枠500億は無意味なのでは?:

« 東京高裁の判断を予想! | トップページ | 北尾氏の乱入でさらにややこしくなりました »