« 財政再建とはどういう状態なのか | トップページ | ライブドアvsフジテレビ 勝つのはどっち »

2005.02.10

ゼロ金利はそんなに異常なのでしょうか

また木村剛さんのコラム
「整合性欠く日銀の量的緩和」
を読みました。専門的な内容ですが、要するに、「量的緩和の効果は甚だしく疑問であり、30~35兆円という現在の日銀当座預金残高は、大きすぎる。そもそもゼロ金利というのは、おカネに値段がないという異常な状況で、日銀はこの異常な金融環境を正常化すべきである。」ということだと思います。

しかし、このニュース
「当座預金の残高目標、「減額」提起も--昨年12月の政策会合」(Mainichi-INTERACTIVE)
にあるように、日銀は、たとえ市場の資金余剰感が強まっているとしても、残高目標の引き下げは金融の引き締めととらえられる可能性があるので、現行の量的緩和策を維持すると決めています。ですから、それをとやかく言うべきではないと思います。

ゼロ金利政策は世界的にも評価されていると思います。それを単純に「異常だから」と理念先行で批判するのはよくないと思います。

|

« 財政再建とはどういう状態なのか | トップページ | ライブドアvsフジテレビ 勝つのはどっち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/2867997

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロ金利はそんなに異常なのでしょうか:

» アマチュア以下の人の経済講義(笑) [孤独が好きな寂しがりやBlog]
こちら(ゼロ金利はそんなに異常なのでしょうか@ゆうくんの部屋様)の記事を読んで適当に。 ゼロ金利というのは借り手にとって利子が安いんで「うふふ♪」な状... [続きを読む]

受信: 2005.02.10 12:07

« 財政再建とはどういう状態なのか | トップページ | ライブドアvsフジテレビ 勝つのはどっち »