« バグダッドの出川さん | トップページ | ゼロ金利はそんなに異常なのでしょうか »

2005.02.08

財政再建とはどういう状態なのか

木村剛さんのコラム
「並大抵の覚悟では日本は再建されない」
を読みました。並大抵の努力では、財政再建は不可能であり、財政赤字問題が解決されなければ、いずれ日本経済は混乱に陥る可能性がある。というような内容です。つまり、財政再建は不可能だと言いたいようです。

では、今はどんな状態なのでしょう。破綻懸念があるということでしょうか。しかしそのような状況で、さらに赤字が増えつつあるのに、現実に破綻していません。

「破綻の可能性がある」というのは今や誰でも知っています。「じゃあどうして今は破綻していないんだ」という疑問がおこります。

では、どういう状態になれば財政再建というのでしょうか。累積赤字をゼロにすることは100年かかっても無理だと思いますが、国の資産と負債がバランスのとれた状態であって、収支があっていて、負債を支えてくれる人がいれば、問題を抱えつつも安定し続けるような気がします。

巨額の赤字があるがゆえに、政治家や公務員が無駄遣いできず、地方へのばらまきができず、外国からたかられなくなっています。

昔は外圧で改革がなされていましたが、今後は財政危機によって改革せざるを得ない状況になってきています。

どんどんまともな国になって、楽観的なシナリオより、さらに改善する可能性もあると思います。

|

« バグダッドの出川さん | トップページ | ゼロ金利はそんなに異常なのでしょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/2856064

この記事へのトラックバック一覧です: 財政再建とはどういう状態なのか:

« バグダッドの出川さん | トップページ | ゼロ金利はそんなに異常なのでしょうか »