« 敵対的買収の防衛策は株主軽視 | トップページ | 放送局株の間接保有はどうなる? »

2005.02.24

ライブドアvsフジの舞台は法廷へ

堀江社長にも想定外であったニッポン放送の新株予約権発行は、ひょっとしたらフジの戦術ミスではないでしょうか。

新株予約権発行差し止めの仮処分はおそらく認められるでしょう。もし、これが許されるなら、経営者が現株主を無視し、全く別のスポンサーに切り換えることができてしまいます。

いくら身内を守るためとはいえ、やり方がかなり乱暴な気がします。裁判ネタがたくさんありそうなので、今後は法廷での争いとなるのでしょう。まだまだ戦いは続きそうです。

|

« 敵対的買収の防衛策は株主軽視 | トップページ | 放送局株の間接保有はどうなる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/3054377

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドアvsフジの舞台は法廷へ:

« 敵対的買収の防衛策は株主軽視 | トップページ | 放送局株の間接保有はどうなる? »