« 日立はWindows PCを本当に全廃するようです | トップページ | 環境税でCO2削減目標を達成できるか »

2005.01.07

やる気のない南野法相は辞任すべし

性犯罪者:出所後の住居情報把握、南野法相は慎重姿勢
MSN-Mainichi INTERACTIVEより

再犯率が高い性犯罪者の出所後の住居情報把握について、南野法務はやる気がないようです。せっかく警察庁長官がやる気を出しているのに、どうして反対するのでしょうか。

「本人のプライバシーの問題や、円滑な社会復帰の支障にならないかを考えると、大変に難しい問題だと思う」「個人の矯正、社会での再出発が崩されるような道は望んでいない。格別な慎重さが要求される」

-> 被害者より犯罪者を大切にするという、時代遅れで国民の声を聞かない発言です。法務官僚の言いなりになってしまったのでしょうか。

「有識者の意見を聞くとか、一層効果的な教育プログラムを立てていくなどし、更生しやすい方策を考えていかねばならない」

-> いままでも有識者の意見を聞いてきたはずですし、効果的な教育プログラムを立てていたはずです。それなのにうまくいっていない現状をどう説明するのでしょうか

国民は根本的な再発防止策を求めていると思います。「何もしないよ」と言っているに等しい大臣は、今すぐやめて欲しいです。

|

« 日立はWindows PCを本当に全廃するようです | トップページ | 環境税でCO2削減目標を達成できるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/2502911

この記事へのトラックバック一覧です: やる気のない南野法相は辞任すべし:

» 『性犯罪=ハイル・ヒトラー』?? [借金は身を滅ぼす・ブログ]
(相田翔子 元・Wink) (飯島愛 元・AV女優) (桂南光 元・桂べかこ) [続きを読む]

受信: 2005.01.08 03:00

« 日立はWindows PCを本当に全廃するようです | トップページ | 環境税でCO2削減目標を達成できるか »