« 果たして「PC中心時代の終焉が始まる」のでしょうか | トップページ | 年賀状配達で子供たちにこづかい稼ぎをさせたらどうでしょう »

2004.12.26

最新プリンタはPCがなくてもいいように設計されているようです

ヘッドの調子が悪いせいか、カラー印刷ができなくなってしまい、修理でお金をかけるよりは、ということでプリンタを買い替えることにしました。スキャナ、メモリカードスロットがついた複合機です。

このプリンタをみると、ここ数年間の技術がどういう方向で進歩しているかがわかるような気がします。以前はパソコンの周辺機扱いで、パソコンがないと使えなかったのですが、このプリンタはスタンドアロンでコピー、デジカメプリント、フィルムスキャンができるようになっています。

マニュアルの「パソコンで使う」の章は、いきなり「電子マニュアルの見方」から始まっています。まるでパソコンとつないで使うほうが特殊な使い方であるかのような書き方です。

このようなPC不要の装置が増えてきたために、「PCがなくなる」と言う人が増えたのでしょう。

これまではPCが汎用品であるがゆえに、プリンタ、デジカメ、スキャナのホストをたまたまやっていただけであり、それらの装置が独立して動けるようになればPCから離れていくのは仕方がないことだと思います。

PCとしては、あたらしい使い道を提案できればまだ伸びるし、提案できなければ、ジリ貧になるのでしょう。しかし、ジリ貧になったからといって、一気に「PCがなくなる」ということはありえないでしょう。

|

« 果たして「PC中心時代の終焉が始まる」のでしょうか | トップページ | 年賀状配達で子供たちにこづかい稼ぎをさせたらどうでしょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/2379353

この記事へのトラックバック一覧です: 最新プリンタはPCがなくてもいいように設計されているようです:

« 果たして「PC中心時代の終焉が始まる」のでしょうか | トップページ | 年賀状配達で子供たちにこづかい稼ぎをさせたらどうでしょう »