« NHKは民営化すべし! | トップページ | IBMが中国LenovoにPC部門を売却 »

2004.12.21

2005年の国債暴落は回避か?

国債暴落で金利急上昇、日本破綻などと主張している人々の根拠のひとつに、2000年に大量発行された5年債が05年に償還されることがあります。

asahi.comの国債発行総額、14年連続で最高更新 財務省計画によると、

・発行総額は7兆1千億円増
・日銀が保有し、満期を迎える国債は、6兆4千億円分を1年借り換える
・個人向け国債の発行予定額を今年度より2兆3千億円増額

ということで、十分消化できそうな感じです。これで来年も低金利が続くでしょう。

ところで、全体の数字は、
・05年の国債発行総額は169.5兆円
・05年の新規発行総額は 34.4兆円
・05年の借換え債総額は103.8兆円
ということですが、総額-新規-借換え=31.3兆円がどこに行っているのかわかりませんでした。財務省のサイトを調べたところ、「財政融資特会債」になっていました。
記事を書くときは数字を文中に入れるのではなく、別に一覧表にしてわかりやすく、計算が合うようにするほうがいいような気がします。あるいは、財務省のサイトにリンクを張って解説だけするほうが簡単で、もっといいと思います。

|

« NHKは民営化すべし! | トップページ | IBMが中国LenovoにPC部門を売却 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/2327644

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年の国債暴落は回避か?:

« NHKは民営化すべし! | トップページ | IBMが中国LenovoにPC部門を売却 »