« 地上デジタル放送は普及する? | トップページ | 踊るゴッゴルに見るゴッゴル、同じゴッゴルなら踊らにゃ損々 »

2004.11.14

電話加入権を考える

「電話加入権の廃止でNTTに72000円をネコババされた」ということで、たくさんの人が怒っています。

ゴルフ会員権に似た話ですから、ほとんどの利用者が被害者意識を持つと思います。
おとくラインとメタルプラスに対抗するためなのでしょう。利用者を踏みつけ、自分たちの利益しか考えていないと言われても仕方がありません。

NTTはこれで何兆円かの損失をまぬがれました。しかし、失ったブランドイメージは莫大だと思います。利用者は、NTTとその子会社に対して、悪いイメージを持つことになるでしょう。

この問題については、もっといいやりかたがあったのではないかと思います。
例えば、何年か前から電話加入権を少しずつ値下げして、既存の利用者にはその分を毎月少しずつ返していればよかったのです。

それをしなかった当時の経営者の責任を問うべきだと思うのですが、いまのところそういう声は聞こえてきません。

今となってはもう手遅れです。NTTの今後を見守りたいと思います。

|

« 地上デジタル放送は普及する? | トップページ | 踊るゴッゴルに見るゴッゴル、同じゴッゴルなら踊らにゃ損々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/1955224

この記事へのトラックバック一覧です: 電話加入権を考える:

« 地上デジタル放送は普及する? | トップページ | 踊るゴッゴルに見るゴッゴル、同じゴッゴルなら踊らにゃ損々 »