« ジャパンナレッジ(JapanKnowledge) | トップページ | 公庫は大丈夫? »

2004.11.08

アフィリエイトがブログ発展の起爆剤になるか

ココログアフィリエイトが始まったので、アフィリエイトをやることにしました。

ブログの発展には疑問があったのですが、アフィリエイトにより意外な効果がでてくるかもしれません。

少しでもお金が儲かるとなれば、それが動機となり、なんとかアクセス数を増やそうと内容を工夫するようになります。おもしろいサイトが増えれば、読者が増え、アクセス数が伸び、収入が増えるという好循環になります。収入がある水準を超えれば、本格的にサイトを構築したり、さらに内容を充実させるようになるでしょう。

いままでは、手間をかけて自分でホームページを作っても、誰にも見てもらえないし、反響もない。作る手間、更新する手間を考えると、作っても、自己満足で意味がないという状況でした。
ホームページ作成ソフトがどんどん使いやすくなり、ブロードバンドが発達して、見てもらえる条件が整ったのに、技術以外の理由で個人ホームページの普及が停滞していたように思います。これを解決しつつあるのが、ブログであると思います。

つまり、
「手間がかかる」については、
ウェブ上のツールと標準化で解決。これまでもニフティのサクサク作成君など、ウェブ上で作れるツールはあったが、さらにこれを発展させたツールがアメリカからたくさん出てきた。

「誰にも見てもらえない」については、
ココフラッシュ、RSS配信など、多くの人に見てもらえる仕組みで解決。

「反響がない」については、
トラックバック、コメントなど、反響を得る仕組みで解決。アクセス解析サービスで、そもそも読まれているのかがわかる。


そして、アフィリエイトがさらなる動機付けとして、強力にブログを発展させる可能性があります。

あとは、サクセスストーリーが必要でしょうね。ブログだけで成功するのはちょっと難しそうなので、「土日に一週間分のコンテンツを作成して月収10万円」くらいのプチサクセスストーリーなら、結構出てくるかもしれません。

|

« ジャパンナレッジ(JapanKnowledge) | トップページ | 公庫は大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/1904069

この記事へのトラックバック一覧です: アフィリエイトがブログ発展の起爆剤になるか:

« ジャパンナレッジ(JapanKnowledge) | トップページ | 公庫は大丈夫? »