« 木村剛はだめだ3 | トップページ | ココログナビ »

2004.10.27

米大統領選

祝!再開 久しぶりです。再開第1回目は、アメリカ大統領選について考えてみました。11月2日が投票日ですから、あと1週間に迫ってきました。
ブッシュ、ケリーのどちらが大統領になるか。現時点でも不透明なようです。

日本のメディアにはあまり目立って登場していません。日本人に投票権があるわけではないので、投票前には視聴者、読者にはあまり関心がないのでしょう。11月2日になれば、結果がどうなるかとか、前回問題になった開票作業はどうなっているかなど報道が多くなるでしょう。

ニュースサイトにもトップページなど目立つところにはなく、リンクも目立ってされていません。アサヒ・コムならここにありました。

3回あったディベートの速記録はここにあります。
1回目
2回目
3回目

政策の違いを見てみると、ブッシュはアメリカが自国を守るためには、まず自分たちが行動することを主張しています。ケリーは国際協調が重要だとしているようです。

それ以外の内政面では、ブッシュにいい点がありません。金持ち優遇、企業寄りの姿勢が鮮明です。ブッシュでないと国は守れないと主張し、国の権限を強め、国民の自由を制限しています。普通に考えればブッシュはあり得ないのですが、ブッシュでないとテロに対処できないのではないかと思う国民が多いらしく、現在のような接戦になっているようです。

で、どちらが勝つというと、私はケリーだと思います。ブッシュは反テロを名目に、何でもやり過ぎました。ケリーでもテロ対策は可能でしょう。大統領が変われば、イラク戦争が間違いだったということになり、次にどう事態を収拾するかという段階に移れるかもしれません。ブッシュではイラクに改善の見込みがないようなので、ケリーに賭けるという選択が多くなると予想しています。

さて11月2日はどうなるでしょうか。

|

« 木村剛はだめだ3 | トップページ | ココログナビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2104/1786242

この記事へのトラックバック一覧です: 米大統領選:

« 木村剛はだめだ3 | トップページ | ココログナビ »